侵入させない|ドアノブ交換で開閉をスムーズにしよう|家のお悩み解消案
男女

ドアノブ交換で開閉をスムーズにしよう|家のお悩み解消案

侵入させない

女性

一般住宅への侵入を防ぐ

防犯カメラを設置している住宅は、昔に比べるとかなり増えてきました。店舗などに設置されている防犯カメラは、主に泥棒などの犯人を逮捕するために取り付けられていますが、一般住宅の場合には、若干目的が異なります。店舗を狙う泥棒は、盗む目的があって侵入します。売上金であったり、貴金属であったり、盗む対象はそれぞれですが、何らかの目的がありますし、店舗の側にとっても守るべきものがあります。そして、店舗にとっては、仮に盗まれたとしても、結果として泥棒が捕まって、盗まれたものが戻ってくれば満足なのです。一般住宅の場合、侵入されないことが主目的ですから、防犯カメラの取り付け方も泥棒に見えるように取り付ける傾向にあります。また、鍵やドアの故障を放置しておくと、防犯に関わるトラブルに発展する場合もあるので、防犯カメラを取り付けるだけでなく、修理することが大切です。

防犯カメラ設置による抑止力

一般住宅に取り付けられている防犯カメラは、何台もあるわけではありませんし、必ずしもあらゆる侵入経路を網羅しているわけではありません。とにかく、防犯カメラを設置しており、泥棒が侵入すれば、見つかる可能性があるということを泥棒に知らせることができればいいのです。それだけでも、防犯カメラの目的は達成することができるからです。ある意味、一般住宅の場合、泥棒に侵入されてしまえば、貴重品を取られようが取られまいが、精神的な痛手は同じです。防犯カメラを設置していると見せて、泥棒に対する抑止力を働かせることが一番の目的なのです。自分の姿を見られることを嫌う泥棒は、防犯カメラが設置されている場合には、避ける傾向にあるのです。